• トップ
  • 10分ランチフィットネス協会について

10分ランチフィットネス協会について

設立の理念

「チャーミングな環境と未来を創造する」を理念に、2012年3月に設立しました。

事業内容

その人らしく『身体とマインドと精神性』のバランスをとる健康人を増やせるような指導者の育成と、指導者の支援をすることで、社会に貢献したいと活動しています。

当協会の歴史

当協会ファウンダーの森山暎子は、エアロビックダンスを基本に、運動に苦手意識のある老若男女が楽しめる「感性と科学性の融合するプログラム」を模索し研究する中で、「パラディソ体操®」を作り、指導者育成事業と本部スタジオ・企業・自治体・医療福祉施設等にプログラム提供事業を1986年より運営しています。

2009年に大学院に入学した森山は、福岡市の課題の1つ「少子高齢者社会における勤労者の運動促進」に、「パラディソ体操®」を編集した「10分ランチフィットネス®」を提案。
市とまちづくり団体と企業と大学の協働事業で得た8000人の知見を修士論文にまとめ、2012年に当協会を設立しました。

2016年には、職場単位で「10分ランチフィットネス®」を行う『アクティブレスト®』サービスが、職場のコミュニケーション・活力・生産性を向上させるという、産業医科大を通して独自のエビデンスを発表し、アメリカ産業医学誌掲載など注目を浴びました。
この事業は2020年6月に株式会社スタディオパラディソに移管し、活動を継続中です。
(参照 https://10mlf.paradiso.ne.jp/information/

2021年現在、当協会は、理念に共感する多様な現場で活動する健康づくり指導者が、お互いに学び合い、交流を深め、運動の新たな価値を生み出す「場」を醸成するために、チームで活動を推進しています。