10分ランチフィットネス®は、一般社団法人10分ランチフィットネス協会の登録商標です。

10分ランチフィットネス

アクティブレスト事業展開
パートナー募集

個人向けインストラクター養成コースはこちら

NEWS|お知らせ

2020.06.10
お知らせメールマガジン

第1回 成果を上げるチームづくり3つの法則 1ーお互いをよく知っている

「成果を上げるチーム」とは、いったいどんなチームなのでしょうか?

 

想像してみてください。

あなたの会社のスタッフが、活き活きと仕事に取り組み、互いに協力し合い、ひとり一人の総和以上の成果を上げているところを・・・・・・

 

きっと、会社全体が活性化し、お客様から感謝され、社員同士の結束も高まり、業績もあがり、離職率も下がることでしょう。

 

そんなチームをつくる3つの法則について、今日から3回に分けてお伝えしていきます。

 

 

法則1ー成果を上げるチームはお互いをよく知っている

 

みなさんは、誰かに何かを頼まれたとき、良く知っている人からの頼み事の場合と、全く知らない人からの頼み事だったら、どちらのほうが引き受けやすいでしょうか?

 

知っている人からの頼み事のほうですよね。

 

つまり、社員同士がお互いに良く知っていた方が、チームワークを発揮しやすくなります。

「仕事の内容」「進捗状況」に加えて、お互いの「人となり」「考え方」「強み」「コミュニケーションのスタイル」などを知っていると、協働するのにとても役だちます。

 

ところが昨今、職場環境のみならず、日々の暮らしの中でも、お互いを知る機会が減っています。

 

隣に住んでいる人がどんな人なのかわからない、何かあっても相談できる人が近くにいない、ネットの匿名性を利用した攻撃的なコミュニケーションが増えている

 

こうした現象が、地域社会、学校、家庭といったさまざまな場で起こっり、協力したくても協力しあえない孤独な社会となっているのです。

 

■お互いを知ることができる仕組みを作る・・・・・・・

成功している組織では、お互いを知ることができる仕組みを、職場環境の中に意図的に盛り込んでいます。

 

簡単なところでは、社内報、会社全体で行うレクリエーション(社内旅行や運動会、懇親会など)

 

社内報は、従来の紙媒体から、社内用のホームーページやイントラネット、社内SNS、ブログなどのアプリを使ったものまで様々なものが利用できます。

 

目的は、1−社員同士のお互いのつながりを強化する 2−企業文化・価値観の熟成 3−経営理念や事業活動の理解浸透 4−自社製品・サービスに関する情報共有 5−その他の情報共有 など。

 

お互いを知る仕組みとしては、毎回社員をピックアップして、「私の履歴書」など、社員の履歴を紹介するコーナーを開設してみてはいかがでしょうか?

 

社員自らが、自分の生い立ち、幼少期や学生時代の思い出、過去に夢中になってやってきたこと、会社に入ってやった仕事、それを通して感じた事などを、思いでの写真なども添えて書くコーナーです。

 

このような誰かにスポットライトがあたるコーナーは、わたしたちが本能的にもっている、承認欲求を満たすので、会社への帰属意識も高まります。

 

そして、それを見た人は、書かれた内容の中に自分との共通点を見つけると、いっきに心の距離が縮まります。

 

出身地が同じ、出身大学が同じ、趣味が同じなど、さまざまな共通点がお互いのコミュニケーションのきっかけとなって、協働の基盤ができていくのです。

 

お互いを知る仕組みをつくる・・・是非できるところから取り組んでみてください。

 

NPO法人ヘルスコーチ・ジャパン

代表理事 最上輝未子

一覧ページへ戻る

一般社団法人
10分ランチフィットネス協会

住所 〒815-0071
福岡県福岡市南区平和1-2-23 森山ビル4階
(スタディオパラディソ内)
電話番号 092-524-2245
Fax番号 092-524-2281

●電話受付時間/9:00~18:00(土・日・祭日休み)
●西鉄バス「山荘通りバス停」より徒歩1分
●西鉄大牟田線「平尾駅」より徒歩5分
●お客さま駐車場はございません。近くのコインPをご利用願います。

電話でのお問い合わせ

電話番号092-524-2245

電話受付時間 / 9:00~18:00(土・日・祭日休み)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ